iMac2020

【開封の儀】人生初のiMacが新型ではなく2020年モデルでした。

2020年8月7日

iMac2020

【開封の儀】人生初のiMacが新型ではなく2020年モデルでした。

つぶやき人

さる2020年8月5日(水)、iMac2020年モデルが発売されたと聞きました。

自分は、iMacを購入したことがないので、どのぐらいの大きさのダンボールでどのようにして開封するのか興味があります。

iMac2020年モデルを購入されたのなら、開封した様子を教えてほしい。

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

この記事の要約

  • aa
  • aa
  • aa

本記事の信頼性

こんにちは。このブログ管理人nori( @noriakiasoblog )です。

この記事の信頼性は、次の事項により担保されています。

ブログ管理人(記事執筆者)が自ら、iMac2020を8月5日にアップルストアを通じて購入し、開封した体験を記事にしていること。

nori

 

 

それでは、iMac2020の開封の様子を一緒に追体験することで、iMac2020を購入するべきかどうかを判断する上での材料の一つとして、より自分にふさわしいMacを購入するようにしましょう。

 

【開封の儀】新型iMacではなくiMac2020という後悔

人生初のiMacがiMac2020という中途半端な機器となるとは思いませんでした。

iMac2020は、インテル(Intel)ベースの最後のiMacで、来年または再来年発売される新型iMacは、Appleシリコンによりデザイン、CPUチップ、すべてが一新されたモデルとなるということです。

2021年または、2022年初に発売されることとなる新型iMac。

どのように考えても、iMacの購入を見送り、Appleシリコンベースの新型iMacを購入したほうが絶対的に良いはずなのですが、以下の理由から、iMac2020年モデルを購入せざるを得ない状況となりました。

10年来愛用してきたMacBook Air2010が故障したこと。

MacBook13インチでは、あまりにも画面が小さいこと。

MacBook Air2020+外部ディスプレイ(4K以上)27万以上の出費=iMac2020(27万円)

2021〜2022年、明らかにAppleシリコン搭載の新型iMacが発売されることがわかっているにもかかわらず、iMac2020を購入せざるを得なくなってしまったことは断腸の思いです。

関連記事「それでも、WWDC2020で新型iMac27は登場しません!」、「2020年7月21日、それでも新型iMacは、発売されない。〜発売日予想、噂は信じるな〜」、「【第2弾】新型iMac2020の発売日がいつになるかを予想する噂は信じるな!」などでも、新型iMacが2020年の今年発売することはないと予言し続けたとおりでしたが、残念ながら、10年間使い続けたMacBook Air2010が故障してしまった以上、iMac2020を購入せざるを得なかったというのが現状です。

それでは、次に、iMac2020が昨日2020年8月6日(木)に届いた状況を解説していきます。

これからiMacを購入しようと考えている方の参考にでもなればと考えています。

 

【開封の儀】iMac2020<ダンボール開封編>

2020年8月5日(水)未明にiMac2020発売が発表されました。

すぐさま、iMac2020をインターネット上のアップルストアにて購入したところ、8月7日(金)到着予定とありました。

iMac27インチ Retina 5Kディスプレイモデルの予約完了ありがとうございました:ご注文の確認 - Apple(日本) 2020-08-05 10-08-06

iMac27インチ Retina 5Kディスプレイモデルの予約完了ありがとうございました:ご注文の確認 - Apple(日本) 2020-08-05 10-08-06

しかし、8月5日(水)の当日にも、アップルストアからのメールにて到着予定日が8月7日から8月6日に変更になったことが通知されました。

そして、いよいよ、到着予定の8月6日(木)、気温が35度に迫るような暑さの中、iMac2020は、大きなダンボールに包まれてやってきました。

 

上から見た様子。iPadAir3と比べて、iMac2020がとても大きい箱に入っていることがわかりま

上から見た様子。iPadAir3と比べて、iMac2020がとても大きい箱に入っていることがわかりま

とてつもなく大きいダンボールです。横から見ると台形型となり、そそりたつダンボールです。

右下にあるのがiPad Air3(10.5インチ)です。

比べても、ダンボールの大きさがわかるかと思います。

 

iMac2020到着。大きい箱がとどきました。10キロぐらいあるので、2階まで持ってくるのがやっと。

iMac2020到着。大きい箱がとどきました。10キロぐらいあるので、2階まで持ってくるのがやっと。

この大きなダンボール、重さは約10キログラムはあると思います。

非常に大きくて持ちにくいため、作業部屋のある2階まで持っていくのがやっとでした。

この猛暑に近い暑さの中で、2階まで運び上げるというのは、非力なボクにとっては相当なことです。

腕をいっぱいに広げながら、iMac2020のダンボールを持ち上げ、階段を1段、1段、引き上げていき、なんとか、この大きなダンボールを作業部屋まで持ってくることに成功しました。

かなり大きいので、これからiMac2020の購入を検討されている方は、覚悟が必要です。

 

アップル製品を購入するとついてくるラベルUN3481マークです。こうみるとやっぱりiMac2020の

アップル製品を購入するとついてくるラベルUN3481マークです。こうみるとやっぱりiMac2020の

上の画像のとおり、Apple製品でおなじみのマーク。UN3481は、国連番号3481に意味で、中にリチウムポリマー電池が入っていることを警告するシールだそうです。

iPhone,iPad,MacBookが梱包されているダンボールには漏れなくこのUN3481シールが貼り付けてありました。

 

 

iMac2020モデルの箱の反対側からです。とても大きいです。

iMac2020モデルの箱の反対側からです。とても大きいです。

このダンボール、少しわかりにくいかもしれませんが、台形型になっており、床に倒して置く際には注意が必要です。

なぜなら、台形型なので、床に倒してもしっかりと平らに配置することができないからです。

使用済みダンボールの置き場所については、あらかじめ考えておいたほうが良いでしょう。

 

 

iMac2020の商品番号がMXWV2J:Aで、モデルナンバーが、A2115ということです。

iMac2020の商品番号がMXWV2J:Aで、モデルナンバーが、A2115ということです。

iMac2020梱包ダンボールには、モデル番号:A2115、商品型番が、MXWV2J/Aだそうです。

iPhoneやiPadなどと同様に、組み立ては中国で行われているそうです。

 

さてiMac2020年モデルの大きな箱を開けていきます。

さてiMac2020年モデルの大きな箱を開けていきます。

iMac2020梱包巨大ダンボールに貼り付けられたテープを一気に剥がしていきます。

 

びびびーーっといきます。

びびびーーっといきます。

ビリビリビリビリと、思いっきり剥がしていきます。

 

びびびーっと開けてしまいます。

びびびーっと開けてしまいます。

これは、ビリビリと剥がしたほうが良いのか、カッターで切った方が良いのか悩むところですが、きれいにはがしてしまいます。

 

iMac2020年モデルの箱を開けると取っ手が顔をだしましたね。おそらく、これがiMac2020本体

iMac2020年モデルの箱を開けると取っ手が顔をだしましたね。おそらく、これがiMac2020本体

iMac2020梱包巨大ダンボールに貼り付けてあるテープを剥がすと、なんと、取っ手らしきものがみえます。

もしかしたら、あの取っ手が、iMac2020本体の箱なのではないだろうかと期待してしまいます。

 

iMac2020本体の箱が開きました。このまま開けていってしまいましょう。

iMac2020本体の箱が開きました。このまま開けていってしまいましょう。

やっぱり、iMac2020本体の梱包箱ですね。

この取っ手を持って持ち運べばよいのですが、会社など広いところならまだしも、ウチのような狭い家では、気軽に持ち運ぶような大きさではありません。

それでは、ダンボールを左側にひっぱります。

そうすると。

 

iMac2020の本体箱とダンボールはこんな感じで梱包されています。

iMac2020の本体箱とダンボールはこんな感じで梱包されています。

ダンボールの表面が倒れてなななんと、iMac2020のお姿が。

 

iMac2020の本体の箱は、こうやってクッションで覆われてダンボールに入っているみたいです。箱in

iMac2020の本体の箱は、こうやってクッションで覆われてダンボールに入っているみたいです。箱in

iMac2020梱包巨大ダンボールの裏には、クッションが貼り付けてありました。

このクッションのおかげで、iMac2020本体箱が包まれていて、防護されているということになります。

緩衝材の役割を果たしてくれているということになります。

 

あざやか!iMac2020年モデル本体の箱でした。本当にあざやかです。今年のディプレイデザインなので

あざやか!iMac2020年モデル本体の箱でした。本当にあざやかです。今年のディプレイデザインなので

非常にあざやかなiMac2020年モデル本体の箱表面のデザイン。

非常に鮮やか。

たしかに、5Kディズプレイですから、ディスプレイだけでも相当お高いわけなのです。

5Kディスプレイは、LG製のものでも、約18万円。

iMac2020は、本体が25〜27万円なので、これを差し引くと、本体自体は、約8万円相当となります。

Mac miniが10万円以上することを考えると、iMacのコストパフォーマンスはとてつもなく良いということが改めてわかります。

 

iMac2020年モデルの本体箱に細かいSPECが記載されています。最後のMacintosh Think differentというのはいいですね。

iMac2020年モデルの本体箱に細かいSPECが記載されています。最後のMacintosh Think differentというのはいいですね。

届いたiMac2020のスペック・仕様が、本体梱包箱に記載されています。

iMac2020。

正式には、Retina 5Kディスプレイ 27インチiMacというみたいです。

3.8GHz 8コアintel Core i7 16MB共有L3キャッシュ

8GBの2666MHz DDR4メモリ搭載(最大128GB)

512GBのSSD搭載

などと記載されています。

メモリは、最大128GBとありますが、Appleにお願いすれば、非常に高額となるので、自分で行うとなると32GBメモリ自体が高額で手に入りにくいことから、現時点で最大128GBメモリとすることは非常に困難な模様です。

 

【開封の儀】iMac2020<iMac2020本体箱開封編>

iMac2020本体箱に何やら紙テープが「開けてください」と訴えかけているような感じがします。

iMac2020本体箱に何やら紙テープが「開けてください」と訴えかけているような感じがします。

それでは、iMac2020本体箱の紙テープを剥がして、開封していきたいと思います。

 

iMac2020本体箱の中、何やら、小さな箱が入っています。引っ張ってとってしまいましょう。

iMac2020本体箱の中、何やら、小さな箱が入っています。引っ張ってとってしまいましょう。

iMac2020本体箱を開封すると、小さな箱が、発泡スチロールに挟まっているのがわかります。

なんでしょうか、この小さな箱は、取り出してみましょう。

 

iMac2020本体の箱の中に入っていた小さな箱の中にはApple Magicキーボードとマウスが同梱されていました。

iMac2020本体の箱の中に入っていた小さな箱の中にはApple Magicキーボードとマウスが同梱されていました。

小さは白い箱の中身は、Apple純正のキーボードとマウスでした。

さらに、

 

さらにLightningケーブル1本が入っていました。これとキーボードやマウスと繋げて充電するんです

さらにLightningケーブル1本が入っていました。これとキーボードやマウスと繋げて充電するんです

キーボードの下には、Lightningケーブルが1本入っています。

このケーブルを使ってキーボードとマウスの充電を行えば良いということなのですが、iPhone、iPadのLightningケーブルが、余っているため、そちらを使用することとします。

 

このダンボールを引っ張りあげます。

iMac2020本体箱を包む発泡スチロールを、引っ張りあげます。

iMac2020本体箱を開けると、発泡スチロールがあります。

キーボード、マウスを取り出したら、この発泡スチロールも引っ張り上げていきます。

 

出ましたiMac2020本体がご本尊がみえます。下側には、電源ケーブルが隠れていますね。

出ましたiMac2020本体がご本尊がみえます。下側には、電源ケーブルが隠れていますね。

発泡スチロールを引っ張り上げると、iMac2020本体、御本尊がみえてきました。

電源ケーブルが、iMac2020を守っている発泡スチロールの中に入っているのがわかります。

 

iMac2020本体箱を手前に引っ張ります。

iMac2020本体箱を手前に引っ張ります。

iMac2020本体箱の表面側を手前に引っ張ります。

そうすると、iMac2020本体箱の表面を守っていた小さいダンボール部分が倒れていきます。

 

iMac2020本体がお目見えしました!。ダンボールが邪魔なのでダンボールを外してしまいましょう。

iMac2020本体がお目見えしました!。発泡スチロールが邪魔なのでダンボールを外してしまいましょう。

これが、ダンボールの表面が倒れた様子です。

iMac2020本体がみえてきました。

iMac2020本体を支える発泡スチロールが邪魔なので、取り出してしまいましょう。

ちなみに、この発泡スチロールは、iMac2020を左右から「はさみ合っている」状態なので、取り出すには、発泡スチロールごと、手前に持ってきて、それぞれ、左右に引っ張り出す必要があります。

ボクが行ったように、力づくで発泡スチロールを取り出そうとすると、中身を傷つけることになるので気をつけましょう。

 

【開封の儀】iMac2020<iMac2020本体設置編>

iMac2020モデルを発泡スチロールから救出。机の上に置きます。後ろの白いAppleシールを取って

iMac2020モデルを発泡スチロールから救出。机の上に置きます。後ろの白いAppleシールを取って

iMac2020を発泡スチロールから取り出して、作業机の上に置いた状態です。

ガーゼのような白い織布がiMac2020を包んでいます。

Appleマークのあるシールがあるので、はがしてしまいます。

 

白いシートをiMac2020本体から取り外します。

白いシートをiMac2020本体から取り外します。

Appleマークのシールを剥がすと、上の画像のようになります。

白いガーゼのようなものを上に引っ張ると、iMac本体がみえてきます。

 

iMac2020本体にまだ透明シールが貼り付けてあるので、これを取り外せば、終了です。

iMac2020本体にまだ透明シールが貼り付けてあるので、これを取り外せば、終了です。

iMac2020本体がとうとうみえてきました。

iMac2020本体には、透明ビニールで覆われているので、シールを剥がして、透明ビニールをゆっくりと剥がしていきます。

これで、iMac2020開封の儀はおしまいです。

 

ここからは、実際にiMac2020を起動してからの話です。

まず、iMac2020の起動スイッチはどこなのでしょうか。

色々探しましたら、iMac2020の画面左裏にありました!

これを押すと、起動します。

 

【開封の儀】iMac2020<iMac2020本体起動編>

iMac2020の後ろにある電源を押して起動させると、キーボードとマウスの電源を入れろ的な画像が現れ

iMac2020の後ろにある電源を押して起動させると、キーボードとマウスの電源を入れろ的な画像が現れ

iMac2020が起動すると、上の画像のように、Apple純正マウスの電源を入れろみたいな画像が表示されました。

おそらく、マウスとキーボードをiMac2020と同期させてから起動されるということなのでしょう。

 

iMac2020に標準装備されているマウスの電源をONにします。

iMac2020に標準装備されているマウスの電源をONにします。

iMac2020起動画面に従って、同梱されていたMagic Mouse2の電源を入れます。

 

キーボードの電源を入れろのサインです。

キーボードの電源を入れろのサインです。

上の画面。

最初、これを見て、何を意味しているのかわかりませんでしたが、どうもキーボードのようです。

同梱のMagicキーボードの電源を入れろということらしいです。

 

キーボードの電源をONにして、起動終了です。

キーボードの電源をONにして、起動終了です。

同梱されているMagicキーボードの電源を入れて、少し待てば、勝手にiMacとiCloudが同期してくれて、設定終了となりました。

やはり、Apple、非常に起動するのもかんたんでシンプルです。

 

【関連記事】

【メモリ増設後】27インチiMac2020CPU/GPUベンチマーク

【8月5日発売】新型ではないiMac2020を購入してみた

「【第2弾】新型iMac2020の発売日がいつになるかを予想する噂は信じるな!」

「2020年7月21日、それでも新型iMacは、発売されない。〜発売日予想、噂は信じるな〜」

「それでも、WWDC2020で新型iMac27は登場しません!」

-iMac2020

© 2020 noriakiasoblog Powered by AFFINGER5